一宮市内にある常連様のお庭に剪定作業で伺いました。
お庭の種類は和風で、景石をふんだんに使った石組みが、とても見ごたえのあるお庭です。

日頃からお客様が、除草剤を散布する管理を徹底していますので、いつも足元がさっぱりとしているお庭です。
(除草剤の適切な希釈と薬剤散布の頻度が多いので枯草の目立たない状態を維持した、とてもキレイなお庭です)

庭木の剪定は黒松や五葉松などの仕立て物の多いお庭ですので、あまり手間をかけ過ぎずに手際良く機械を取り入れて作業していくのが、時短のコツになります。

 

庭木の枝葉は一年分しっかりと伸びていますが、足元がサッパリしているので、安全に作業をするこのが出来るお庭です。

この画像に写っている範囲でしたら熟練の庭師が2人で作業を完了できます!
※奥行がありますので、結構な作業量ですが・・・

高木の剪定作業になります。
お庭の中で一番樹高の高いアラカシの剪定ですので、下から見上げて見栄えの良いように、切り過ぎない、残し過ぎないの微妙な加減で剪定していきます。
※アラカシは毛虫が良く発生しますので、消毒の時に薬剤が隅々まで散布しやすいように枝を透かす仕上げを意識して作業します。

枝葉が詰まっているので、風通しの悪い状態になっていましたが・・・

余分な枝葉が取り除かれて、サッパリしました!!

下から見上げるとわかりやすいのですが、枝葉の重なりが無くなるようにするのが枝透かしのコツになります!!